お知らせ

Info
武家屋敷の外観の写真
武家屋敷の座敷の屏風の写真

コンセプト

Concept

松江城の北側堀沿いに、長屋門、塀が続き、松江でも最も城下町らしい面影を残す武家屋敷。
塩見縄手と呼ばれるこの地域は、江戸時代、中級武士の屋敷が建ち並んでいたところで、その中で唯一、当時のまま保存されているのがこの屋敷です。
松江藩の中級武士が屋敷替えによって入れ替わり住んだ所で、松江市の文化財に指定されています。
塩見縄手は、「日本の道100選」に選ばれている四季折々に様々な姿を見ることができ、旅人の心を癒してくれる空間です。